ドラマ

2008/05/12

ジョルジュ・サンド原作ドラマ「愛の妖精」

本日22時より、TV5MONDE/Japonでジョルジュ・サンド原作ドラマ「LA PETITE FADETTE(愛の妖精)」を放送します。

TV5MONDEではフランス文学原作のドラマも豊富です。

今夜もお見逃しなく!

TV5MONDE/Japon

21h00 LA PETITE FADETTE / Drama - English sub.

Dans la campagne francaise du debut du 20eme siecle, la petite Fadette a bien mauvaise reputation. Sauvageonne et
agressive, on la pretend sorciere, porteuse de malediction et personne ne lui adresse la parole. Jusqu'a sa rencontre
avec Landry. A son contact, la violence qu'elle porte en elle va se transformer en tendresse et en generosite. Aupres de
Fadette, le jeune homme va trouver amour et force et oser s'emanciper d'un entourage oppressant et d'un frere jumeau
a l'amour exclusif...

Realisation : Michaela Watteaux, 2004
Scenario : Gabrielle Borile, d'apres l'oeuvre de George Sand
Distribution : Jeremie Renier (Landry), Melanie Bernier (Fadette), Richard Bohringer (le pere Barbeau), Maximilien Muller
(Sylvinet), Julie Judd (Madelon), Annie Girardot (la mere Fadet)
Genre : Drame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/25

マルセル・パニョル原作ドラマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

モーパッサン原作ドラマ集

TV5MONDE / Japonでは、21日(月)22時からモーパッサン原作のドラマを2本連続でお送りします。

22時~ Histoire d'une fille de ferme 田舎娘のはなし

23時~ La parure 首飾り

女の一生(Une vie)』や『脂肪の塊(Boule de Suif)』やで有名なモーパッサン。今回ドラマ化される二本も明快な文章です。日本語でもフランス語でも原作を試してからドラマを観る、またはドラマを観てから原作に挑戦してもいいですね。

ちなみにフランス国立図書館の電子図書館Gallicahttp://gallica.bnf.fr/)では、無料でテキストを閲覧できます。

私は本を手に取るほうが好きなので、よく欧明社さん(http://www.h6.dion.ne.jp/~omeisha/)を利用します。店員さんは親切で、地方へも発送してくださいます。

原作と合わせてどうぞ!

  CHEZ MAUPASSANT sur TV5MONDE / Japon

Adaptation télévisée de contes et nouvelles de Guy de Maupassant.

Histoire d'une fille de ferme

Une jeune fille de ferme se retrouve enceinte. Elle cache sa grossesse à son maître, accouche en secret et confie le nouveau-né à des amis. Désormais fille-mère, il va lui falloir travailler très dur pour subvenir aux besoins de son fils secret. Mais son maître, loin de l'augmenter, la force à l'épouser. Les premières années passent, paisibles, mais le fermier s'impatiente de ne pas avoir d'enfants...

Réalisation : Denis Malleval, 2007
Scénario, adaptation, dialogues : Dominique Garnier, d'après une nouvelle de Guy de Maupassant
Distribution : Olivier Marchal (Le maître), Marie Kremer (Rose), Ophélia Kolb Kasapoglu (Margot), Corinne Masiero (La guérisseuse), Oscar Copp (Le jeune vacher), Vincent Joncquez (Jacques), Patrice Thibaud (Le curé), Alban Casterman (Le jeune paysan)
Genre : Drame

La parure

Soucieuse de briller le temps d'une soirée, la femme d'un modeste employé ministériel emprunte à une amie une magnifique rivière de diamants. Mais, au retour, la parure est égarée. Le couple décide de ne rien dire et se ruine pour racheter une parure identique...

Réalisation : Claude Chabrol, 2007
Scénario, adaptation, dialogues : Gérard Jourd'hui et Jacques Santamaria, d'après Guy de Maupassant
Distribution : Cécile de France (Mathilde Loisel), Thomas Chabrol (Charles Loisel), Charley Fouquet (Jeanne Forestier), Christian Hecq (Maronsin), Charline Paul (Maryvonne), Valérie Keruzore (Lucie), François Lalande (l'usurier), Bruno Lochet (le bijoutier)
Genre : Drame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/17

Sartre サルトル

Jean-Paul Sartre(ジャン-ポール・サルトル)の生涯を描いたドラマ(前編)が、10月31日(水)22:10から放送されます。

『存在と無』、『言葉』、『嘔吐』など、多くの作品を残したサルトル。

政治・社会への積極参加(engagement アンガージュマン)を提唱したサルトル。

ノーベル文学賞辞退のいきさつとは。

名前はよく聞くのだけれど、哲学というと倦厭してしまってなかなか作品自体読まないことも・・・。でもドラマなら入りやすそう!主役の役作りにも脱帽です。ぜひお見逃しなく!

SARTRE L’ÂGE DES PASSIONS sur TV5MONDE/Japon

サルトル 受難の時代

Mercredi 31 octobre / 1031日(2210

DUREE : 2 X 90’

90×2

soutitrage en anglais

英語字幕

De 1958 à 1964, ce film relate les engagements politiques de l’écrivain et philosophe Jean-Paul Sartre.

L’événement politique de cette année 1958 est incontestablement le retour au pouvoir du général de Gaulle et l’approbation de la Ve République. Au théâtre, « Les Séquestrés d’Altona », la pièce de Jean-Paul Sartre, par ailleurs animateur de la revue Les Temps Modernes, tient le haut de l’affiche tandis que Simone de Beauvoir publie « Mémoires d’une jeune fille rangée ». Sartre et Beauvoir, couple mythique, dont les engagements politiques dérangent et dont les amours scandalisent. De 1958 a 1964, ce film relate leur rencontre avec deux jeunes étudiants, Frédéric et Carla, militants marxistes et porteurs de valise pour le FLN. Entre les deux couples, l’entente politique est immédiate. Les prises de position de Sartre contre la guerre d’Algerie lui vaudront d’échapper de peu à un attentat qui détruit une partie de l’appartement du philosophe. En ces années qui annoncent 1968, Sartre et Beauvoir s’engagent totalement et avec passion. À travers ses articles, Jean-Paul Sartre prend position et affirme son engagement politique. En 1964, l’Académie suédoise lui décerne le prix Nobel de littérature, une distinction que l’écrivain contestataire refuse, estimant « qu’aucun n’homme ne merite d’être consacré de son vivant »…

1958年‐1964年。作家・哲学者ジャン‐ポール・サルトルの政治アンガージュマン(積極的な社会参加)を詳述する。

1958年の政治イベントといえば、ドゴールの政権復帰と第5共和制の樹立。劇場では、雑誌『現代(Les Temps Modernes)』を率いたサルトルの作品『アルトナの幽閉者( Les Sequestres d’Altona) 』が上演されていた。その頃シモーヌ・ド・ボーヴォワールの『箱入り娘(Mémoires d’une jeune fille rangée)』も出版されていた。サルトルとボーヴォワールという伝説のカップル。その政治アンガージュマンが邪魔し、二人の愛は中傷された。1958年から1964年までを描いた本作では、フレデリックとカルラトという、アルジェリア民族解放戦線(FLN)に物資を運んだマルクス派の学生との出会いについても詳細に描く。二組のカップルは政治思想についてすぐに意気投合した。アルジェリア戦争に反対するサルトル。哲学者の家を狙う爆破があったが、辛うじて免れた。1968年、サルトルとボーヴォワールは受難の中、社会参加を成し遂げた。サルトルは全作品を通じて政治アンガージュマンを肯定してきた。1964年には「いかなる人間でも生きながら神格化されるには値しない」と言ってノーベル文学賞を辞退。

Réalisation: Claude Goretta, 2006

Scénario : Michel-Antoine Burnier, Michel Contat, Jacques Kirsner

Distribution : Denis Podalydes (Jean-Paul Sartre), Anne Alvaro (Simone de Beauvoir), Frédéric Gorny (Frédéric), Maya Sansa (Carla), Elisabeth Vitali (Sylvie Regnier), Aurélien Recoing (Raymond Aron),

Genre : Drame

制作:クロード・ゴレッタ

脚本:ミシェル‐アントワーヌ・ビュルニエ、ミシェル・コンタ、ジャック・キルネ

出演:ドゥニ・ポダリデス(サルトル)、アンヌ・アルヴァロ(ボーヴォワール)、フレデリック・ゴルニ(フレデリック)、マヤ・サンサ(カルラ)、エリザベート・ヴィタリ(シルヴィー)、オレリアン・ルコワン(レイモン)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/15

連続ドラマ David Nolande

明日から放送の"Davide Nolande"をご紹介します。

フランスといえば、歴史ものとか恋愛もののイメージがありますが、ミステリーのTVシリーズもとてもオススメです。アルセーヌ・ルパンやメグレ警視も有名ですが、SFミステリーはいかが?

主演はFrédéric Diefenthal (フレデリック・デファンタール)。

映画『Taxi』シリーズではちょっぴり間抜けで女好きの刑事エミリアンを好演。

今回はシリアスな役どころですが、こちらもまた素敵です。

明日16日(火)夜9時からスタート。2話連続放送。お楽しみに!

DAVIDE NOLANDE sur TV5MONDE / Japon

Depuis qu’il q tué accidentellement une cartomancienne, une malédiction semble s’être abattue sur David Nolande.
Comment en effet ne pas voir un lien de causalité entre l’accident et les terribles visions dont il est victime depuis ? Des visions de mort, dont il devra dorénavant à tout prix empêcher la réalisation, sans quoi l’un de ses proches en subira les conséquences fatales. Une véritable course contre la montre et contre la mort s’engage...

Réalisation : Nicolas Cuche, 2006
Scénario, adaption et dialogues : Joël Houssin et Valérie Fadini (ép. 4 et 5)
Distribution : Frédéric Diefenthal (David Nolande), Jean-Louis Foulquier (Sauveur), Édouard Montoute (Franck), Élsa Kikoine (Corinne), Claude Faraldo (Alexian), Manon Lanneau (Natasha), Natalia Dontcheva (Manon)
Genre : Fantastique
Récompenses : Prix de la meilleure série de prime time, Prix de la meilleure réalisation, Prix de la contribution artistique pour la photo et les effets spéciaux au Festival de la fiction TV de Saint-Tropez 2006.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

Plus belle la vie

フランスのテレビ局France 3で放送されているドラマ "Plus belle la vie"。

2004年に放送スタートし、今も続いています。もう700話を超えている(!)フランスでとても有名なドラマです。

日本でも、フランス語圏のテレビ局の提携からなるTV5MONDEで毎日放送しています。

舞台はマルセイユ。登場人物みんなが主人公といった感じで、結構ドロドロした人間模様。毎回予期せぬ展開に驚かされます。

聞き取りの勉強になるので、もうすぐ始まる仏検対策にもオススメ。一ヶ月間聞くだけで、耳がかなりフランス語慣れするはずです。ドラマの中の日常会話って結構速いですよね。このレベルだと、仏検1級の聞き取りやDictéeに慣れるのにちょうどいいかなと思います。

展開にドキドキしながら、1日30分聞き取りのミニレッスンはいかが?

仏検の詳細については、APEF(フランス語教育振興協会)のページへどうぞ。訪問者にはいいことが待っているかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/25

ドラマでフランス語学習

良質の番組を提供するTV5MONDE。

小説が原作のドラマは、文学好きのみなさんが大いに楽しめる番組。

先月の連続ドラマ『チボー家の人々』も好評を博しましたが、

今月おすすめの連続ドラマは『ポアロのクリスマス』。

ミステリーの女王アガサ・クリスティーの原作です。

全4話で放送している本作も、明日で3話目。(夜10時から)

見逃していた方も、第1話のあらすじを読んで途中参加してみましょう!

1939年。ル・テスクー氏はブルターニュ出身の仕事人間。金持ちで残酷な面を持っていた。70歳の誕生パーティーを開催、3人の息子が集まる。長男のエドワールは妻エディットと城館に住んでいる。父に逆らうことはできない。弟アントナンは破産した議員。新しい恋人が突然パーティーに押しかけてくる。ヴィクトールは長年連絡をとっていない父に借りを返すつもりで参加。テスクー氏の孫というイネスもスペインからやってくる。そして氏が学費を援助しているアフリカ人の新人医師エロワも。しかし皆が見たのは、惨殺された氏の姿だった!

日常会話の多く使われるドラマは、少し難しいかもしれませんが、

フランス語の勉強に役立つこと間違いなし!

知らなかった単語をメモしたり、フレーズを繰り返すなど、

フランス語を自分のものにしていきましょう!

PETITS MEURTRES EN FAMILLE

Le 26 septembre à 22h00

視聴方法など詳しくはサイトで。

| | コメント (2) | トラックバック (2)