« 10月のおすすめ番組 | トップページ | フランスの車 »

2007/10/17

Sartre サルトル

Jean-Paul Sartre(ジャン-ポール・サルトル)の生涯を描いたドラマ(前編)が、10月31日(水)22:10から放送されます。

『存在と無』、『言葉』、『嘔吐』など、多くの作品を残したサルトル。

政治・社会への積極参加(engagement アンガージュマン)を提唱したサルトル。

ノーベル文学賞辞退のいきさつとは。

名前はよく聞くのだけれど、哲学というと倦厭してしまってなかなか作品自体読まないことも・・・。でもドラマなら入りやすそう!主役の役作りにも脱帽です。ぜひお見逃しなく!

SARTRE L’ÂGE DES PASSIONS sur TV5MONDE/Japon

サルトル 受難の時代

Mercredi 31 octobre / 1031日(2210

DUREE : 2 X 90’

90×2

soutitrage en anglais

英語字幕

De 1958 à 1964, ce film relate les engagements politiques de l’écrivain et philosophe Jean-Paul Sartre.

L’événement politique de cette année 1958 est incontestablement le retour au pouvoir du général de Gaulle et l’approbation de la Ve République. Au théâtre, « Les Séquestrés d’Altona », la pièce de Jean-Paul Sartre, par ailleurs animateur de la revue Les Temps Modernes, tient le haut de l’affiche tandis que Simone de Beauvoir publie « Mémoires d’une jeune fille rangée ». Sartre et Beauvoir, couple mythique, dont les engagements politiques dérangent et dont les amours scandalisent. De 1958 a 1964, ce film relate leur rencontre avec deux jeunes étudiants, Frédéric et Carla, militants marxistes et porteurs de valise pour le FLN. Entre les deux couples, l’entente politique est immédiate. Les prises de position de Sartre contre la guerre d’Algerie lui vaudront d’échapper de peu à un attentat qui détruit une partie de l’appartement du philosophe. En ces années qui annoncent 1968, Sartre et Beauvoir s’engagent totalement et avec passion. À travers ses articles, Jean-Paul Sartre prend position et affirme son engagement politique. En 1964, l’Académie suédoise lui décerne le prix Nobel de littérature, une distinction que l’écrivain contestataire refuse, estimant « qu’aucun n’homme ne merite d’être consacré de son vivant »…

1958年‐1964年。作家・哲学者ジャン‐ポール・サルトルの政治アンガージュマン(積極的な社会参加)を詳述する。

1958年の政治イベントといえば、ドゴールの政権復帰と第5共和制の樹立。劇場では、雑誌『現代(Les Temps Modernes)』を率いたサルトルの作品『アルトナの幽閉者( Les Sequestres d’Altona) 』が上演されていた。その頃シモーヌ・ド・ボーヴォワールの『箱入り娘(Mémoires d’une jeune fille rangée)』も出版されていた。サルトルとボーヴォワールという伝説のカップル。その政治アンガージュマンが邪魔し、二人の愛は中傷された。1958年から1964年までを描いた本作では、フレデリックとカルラトという、アルジェリア民族解放戦線(FLN)に物資を運んだマルクス派の学生との出会いについても詳細に描く。二組のカップルは政治思想についてすぐに意気投合した。アルジェリア戦争に反対するサルトル。哲学者の家を狙う爆破があったが、辛うじて免れた。1968年、サルトルとボーヴォワールは受難の中、社会参加を成し遂げた。サルトルは全作品を通じて政治アンガージュマンを肯定してきた。1964年には「いかなる人間でも生きながら神格化されるには値しない」と言ってノーベル文学賞を辞退。

Réalisation: Claude Goretta, 2006

Scénario : Michel-Antoine Burnier, Michel Contat, Jacques Kirsner

Distribution : Denis Podalydes (Jean-Paul Sartre), Anne Alvaro (Simone de Beauvoir), Frédéric Gorny (Frédéric), Maya Sansa (Carla), Elisabeth Vitali (Sylvie Regnier), Aurélien Recoing (Raymond Aron),

Genre : Drame

制作:クロード・ゴレッタ

脚本:ミシェル‐アントワーヌ・ビュルニエ、ミシェル・コンタ、ジャック・キルネ

出演:ドゥニ・ポダリデス(サルトル)、アンヌ・アルヴァロ(ボーヴォワール)、フレデリック・ゴルニ(フレデリック)、マヤ・サンサ(カルラ)、エリザベート・ヴィタリ(シルヴィー)、オレリアン・ルコワン(レイモン)

|

« 10月のおすすめ番組 | トップページ | フランスの車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467216/8470491

この記事へのトラックバック一覧です: Sartre サルトル:

» SanDisk、PCコンテンツをテレビで見る「TakeTV」発売 [Newsデジタル]
 米SanDiskは10月22日、PC内のコンテンツを簡単にテレビで見られるメディアプレーヤー「Sansa TakeTV」を米国で発売した。  Sansa TakeTVはUSBドライブのような形をしており、ユーザーはこれをPCのUSBポートに差し込んで、ビデオファイルをドラッグ&ドロップで移動...... [続きを読む]

受信: 2007/10/22 21:48

« 10月のおすすめ番組 | トップページ | フランスの車 »